国内FX業者の罠!ノミ行為!

海外FX会社口座開設ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

国内FX業者が合法的に詐欺行為をしているという話

を聞いたことがある方もいるでしょう。実際に、FX会社がどうやって利益を上げているのかの仕組みを知らない方もいます。少しでも知識や興味がある人ならFX会社はスプレッドによって利益をあげていると答えるでしょうが、中にはスプレッドがゼロの会社までいますので、スプレッドだけで設けているわけではないと判るでしょう。
ではそういった

FX会社は一体どうやって利益を上げているのでしょうか。

答えは、ノミ行為をすることによって、ということです。

客からの注文を上位のFX会社、つまりカバー先に通さずに自社の中で受け止めることがノミ行為ですが、一時的に会社が損をするように見えても実際には9割のトレーダーが長期的にはマイナスになっているので、結果的には会社が損をすることはありません。たまにいる優秀なトレーダーがコンスタントに利益を上げ続ける場合では、スリッページとストップ狩りをしてバランスを取っているのです。スリッページとはトレーダーが意図したレートと実際に約定したレートに差が発生することをいい、当然とレーダーには不利な現象になります。そしてストップ狩りとはFX会社が意図的にレートを操作してトレーダーのストップポジションをヒットさせ、ロストカットさせることによって会社が利益を上げることです。優秀であればあるほどトレーダーはこれらの不正な操作の対象となりますし、しかもこれらの行為は法律では良いこと、つまり合法になっています。その為優秀なトレーダーはFX会社選びにはとても神経を使っていて、基本的には日本のFX会社はまず使っていないのが現実です。
スプレッドが小さい、つまりノミ行為をしている、ということは、不正行為が多いということですから、

優秀なトレーダーは海外の会社を選ぶ

のでしょう。

また、FX会社が優秀なトレーダーから利益を搾取する方法はスリッページだけではありません。

他にも約定拒否というものがあり、これもスリッページと同様に相対取引方式のFX会社の口座で起きる現象です。

利益を確定しようとして決済注文ボタンを押そうとすると、取引画面の背景が暗くなって一切の注文を受け付けなくなることがあります。これをグレーアウト現象と呼びますが、つまりは約定拒否なのです。トレーダーが儲けることによって会社側は確実にその分損をしますから、あ、これは損をするな、と会社側が思った時に約定拒否をして注文が出来なくなり、タイミングを逃すことで勝機も逃してしまうようにしているのです。
一般的な世界規模での常識は、ブローカーの存在価値はトレーダーが発注した注文を100パーセント履行することが最低限の仕事であるはずですが、日本のFX会社ではそれが行われません。そのため、国内FX会社をブローカーと呼ぶ人がまったくいないという事実になるのです。まず付き合いたいと思うFX会社を探すときには、それらのことに注意を払ってみるべきでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする